じばさんeleロゴ

じばさんらんちき

TITINOHI

コラム

INAEMON

BEERCUP

SINOGI_WS

TAMBANUNO_WAKEARI

JIBARANMANDRILL

M_BASE


兵庫県はたくさんの地場産業や伝統工芸、民藝が受け継がれている、いわばモノづくりの発信基地。

北は日本海、南は瀬戸内海に面した特異な立地環境、円山川や六甲山といった豊かな自然と風土に育まれた他にはマネのできない発想と高い技術力で、大量生産には無いこだわりのあるモノづくりにより、数多くの製品を生み出してきました。

わたしたちはその“モノ”が作られている場の空気や匂い、想いなどを少しでも伝えたいと、神戸は乙仲通りのSHOPを軸足に、自分達の興味と探究心で兵庫県全土、北へ国道176線-312号線、西へ2号線、南へは本四連絡道路で、また時には名もなき小道をと、出来る限り現地に赴いて作家さんや作り手の方の作業を見せて頂き、直接商品に関する思い入れを伺ってバイイング。自分達でロードに出て産地の方々とヒザを交えて向かい合い、お互いの強みを生かした、コラボレーションといった平易な表現の枠組みにはあてはまらないモノづくりをこれから勧めて行きます。

このロードは、兵庫県だけに止まらず日本全国また海外へと、興味と探究の限り拡がり続けます。





(18/5/25update)

6月17日は父の日、言葉では照れくさくてなかなか伝えにくい「ありがとう」のキモチをカタチにして、お父さんに贈ってみませんか?

じばさんeleでは、お父さんへの贈り物にオススメの様々なアイテムとフリーメッセージカード、父の日仕様の特別な播州織を使用したギフトラッピング「 包む▲ 」をご用意致しました。国内へのご発送も承ります。 じばさんeleで、私らしい父の日のプレゼントを見つけて下さい。


父の日のギフトにオススメのアイテムを色々紹介いたします
[ → stuff blog(父の日2018) ]

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(18/5/15update)

じばさんele オープン時より沢山のお客様の手に取って頂き、様々に魅力を感じて頂けていることと思います「丹波焼」の器。この度、じばさんele 丹波焼のラインナップに「稲右衛門窯」11代目 上中剛司 氏の器が新しく仲間入り頂ける事となりました。

伝統だけでも目新しいだけでもない、ハイブリッドな器を心掛け作陶されている作品の数々、皆様へのお披露目は5/26(土)にスタート致します「初夏のビアカップ展▲」よりとなります。同展会期中の5/27(日)には、上中剛司 氏に在店していただき、直接お話が伺える素敵な機会を設けました。是非このチャンスに じばさんele へ足をお運びください、皆様のご来店お待ちしております。

■ new lineup! 丹波焼 稲右衛門窯
5月26日(土)〜 @じばさんele神戸国際会館SOL店

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(18/5/11update)

5/26(土)より、じばさんele神戸国際会館SOL店にて『ひとランク上の一杯を丹波焼で... 初夏のビアカップ展』を開催致します。ビールや麦茶の冷たい飲みもの、父の日の贈り物に、これからの季節にうれしい色とりどりの丹波焼のビアカップを準備して、素敵な夏を迎えるご準備を!期間中は各窯元陶芸家の先生が交代で在廊、直接お話をして頂けます、是非ご来場下さい。

■ ひとランク上の一杯を丹波焼で... 初夏のビアカップ展
5月26日(土)〜6月10日(日) @じばさんele神戸国際会館SOL店

(作家在廊予定日)
●5月26日(土) - 伝市窯 市野達也/丹文窯 大西雅文 ・ ●5月27日(日) - 稲右衛門窯 上中剛司
●6月3日(日) - 丸八窯 清水義久 ・ ●6月9日(土) - ココチ舎 市野雅利 ・ ●6月10日(日) - 源右衛門窯 市野太郎

こちらにて詳細をご紹介しています  [ → stuff blog(5/11) ]

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(18/5/8update)

第52回目、6月のSOL 365 Workshopは、ご好評につき今年も開催します「丹波焼 丸八窯 しのぎビアカップワークショップ」! 丸八窯 清水義久氏を講師に、器の表面を削り凹凸をつける陶芸の技法「しのぎ」で、写真の「ビアカップ」2型のどちらかを選び模様を施すワークショップです。(*追加製作1点¥1500)。(5/15追記) 定員満了となりました!10:30〜の回を追加開催致します、お早めにご予約下さい!

【SOL 365 Workshop vol.52】
■『丹波焼 丸八窯 しのぎビアカップワークショップ』

6月3日(日) 10:30〜 13:00〜(受付終了) (所要時間1時間半程度) 参加費 : ¥2,800(税抜)
@神戸国際会館SOL B2F ワークショップスペース「SOL 365 Workshop」

こちらでもご紹介しています [ → stuff blog(5/8) ]

参加ご予約/お問い合わせは下記まで、お電話もしくは直接店頭にてお願いします。

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(18/4/27update)

ゴールデンウィーク中、4月28日(土)より 5月13日(日)までの期間、じばさんele SOL店にて初の『播州織“わけありの布”市』を開催いたします。

使うのには問題ないけれど、お店で扱う商品としてはちょっとだけわけありになってしまう、サンプルとして出されていた播州織の生地などをいろいろ集めて、この期間だけのお手ごろ価格ALL¥500にて販売いたします!種類/数共に限りがあります、ヨリドリミドリはお早めに!是非皆様この機会にご来店ください。


■ 播州織“わけありの布”市
4/28(土) 〜 5/13(日)
@じばさんele 神戸国際会館SOL店

こちらにて詳細をご紹介しています  [ → stuff blog(4/27) ]

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(18/4/23 update)

「じばさんらんちき / 乙仲角 × マンドリル」OPENしました!

“じばさんらんちき”オープン時から、兵庫県の地酒イベント“SARUZAKE”や淡路島手延べ乾かし麺“そろそろ”のメニュー開発、丹波焼のお祭りへの出店など、常に一緒にイベントを企画してきた“マンドリルカレー”。乙仲角のクラフトビールや瓶ジュースと一緒に、ランチに、ちょい呑みに、マンドリルカレーのメニューがじばさんらんちき店内でお楽しみ頂けるようになりました!

本日の じばさんele/じばさんらんちき スタッフブログにて、OPEN後新しくなりました店内の様子などご紹介しています [ → stuff blog(4/23) ]

どんどん進化します“じばさんらんちき / 乙仲角 × マンドリル”
皆様のご来店をお待ちしています。  

じばさんらんちき / 乙仲角 × マンドリル instagram ▲

〒650-0024 神戸市中央区海岸通5-1-20 [→ Map]
TEL:080-5716-6624
営業時間 11:30-20:00 / 不定休


(18/4/19update)

只今じばさんele神戸国際会館SOL店では、パート、アルバイト スタッフを募集しています。


業務内容:店頭販売や一緒に兵庫県内を回って産地訪問、商品企画、ワークショップのお手伝いなど
勤務時間:AM9:30〜PM8:30内でのシフト制
給与:時給900円〜
待遇:交通費15,000円迄支給、正社員登用制度あり
条件:特になし。兵庫県内で集めた地場産業、民藝や手仕事に興味のある方

- 応募方法 -
店頭、または郵送にて履歴書をお送り下さい。
面接日など、折り返しご連絡させて頂きます。

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(17/09/25 update)

大丸神戸店のメンズフロアがリニューアル。 新設される『M BASE』全体のアドバイザーとしてLANTIKI前川拓史が就任。 また、『M BASE』【LANTIKI】をプロデュース致しました。 『M BASE』は、【HUNTER】【ミノトール】【クオドロ】【LANTIKI】の4つのショップと、ファッションだけに止まらず、ライフスタイル雑貨やmade in JAPANのモノ作りなどを期間限定企画にて発信する“MY COLLECTIONS”、「学び・繋がり・発見」をテーマに、ワークショップやトーク、音楽イベントなどの<コト>を発信する“M BASE BAR”にて構成されます。M BASE BARには、地元神戸の喫茶店「英國屋」が常設、コーヒーだけでなく、アイリッシュコーヒー(ビール)やクラフトビールなどのアルコール類も楽しめます。

グランドオープンは10/7(土)、大丸神戸店6F『M BASE』に是非足をお運び下さい。

■ 10/7(土) 『M BASE』 OPEN
神戸市中央区明石町40番地 大丸神戸店6Fメンズフロア
TEL:078-331-8121 営業時間:10-20

http://www.daimaru.co.jp/kobe/mbase/


(17/8/7update)

今年も兵庫県の伝統工芸“豊岡杞柳細工”のカゴBAGが入荷致しました。 今回は全てレザーカーヴィングブランド“ROOSTERKING AND CO.”とのコラボレーション。かごは全て豊岡で女性の伝統工芸士さんによって編み上げられた1点もの。今回は新しいデザインも加わりました。 是非お店で手に取ってご覧ください。

“ROOSTERKING & CO. (ルースターキング&カンパニー)”
デザイナーMatsu氏によるレザーカーヴィングブランド。1990年代初頭に渡米しカリフォルニアにて培った技術を基に、デザインから革の裁断 / 縫製 / 彫刻 / 染め / 編込みなどの過程全てを氏の手だけにより作り上げる。1920〜1940年代のオールドアメリカンにこだわったオーセンティック且つ気品漂う作品は、ハリウッド俳優やミュージシャンをはじめ、多くのセレブにも愛用されています。

こちらにでもご紹介しています  [ → stuff blog(8/7) ]
オンラインショップはこちら  [ → online shop ]

〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館SOL(ソル) B2階 [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00


(17/6/30update)

丹波布 あおがき丹波布工房▲さんに織って頂いた、初の別注ストールが完成いたしました!自然の草木で染めた糸を使用、丹波布ならではの素朴で繊細な色合いと素材感は、使い込むほどに風合いが出るのが魅力。男性女性問わず幅広い年齢の方に合わせていただけるアイテムです。今月の前川拓史のコラム“兵庫イズバーニング▲”でもご紹介しています。

【丹波布(たんばぬの)】国指定選択無形文化財/兵庫県伝統的工芸品指定、兵庫県丹波市青垣地域に伝承される織物。江戸時代末期に始まり、綿から紡いだ手紡ぎ糸を縦横に用い、繭から採ったつまみ糸を横糸に交織させるため、通常の木綿布と風合いが異なります。自然の植物染料を用いて染め上げた糸が織りなす縞や格子柄。昭和の初めに柳宗悦が京都の朝市で偶然に魅力的な縞木綿を見出し「静かな渋い布」と賞し「丹波布」と名づけました。

オンラインショップはこちら→ http://lantiki.shop-pro.jp/?pid=119304524▲

■じばさんらんちき 神戸市中央区海岸通5-1-20 [→ Map]
TEL:078-371-3939 / 定休日・営業時間 は コチラ▲ をご参照下さい

■じばさんele 神戸国際会館SOL店 神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館SOL B2F [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00 / www.kobe-sol.jp


(16/8/1update)

お待たせ致しました、ご不便をお掛けしていました“じばさんele/じばさんらんちき”の online shop が、本日8月1日リニューアルオープン致しました。新しいカテゴリー分けで商品検索もちょっと分かりやすく、楽しくなったのではないかと思います。

カートは LANTIKI market▲ と合体し、LANTIKIの商品とも一度に合わせてお買い物頂けるようになりました。オープンしているのはまだ一部ですが、随時商品をアップして行きますので、是非ご利用ください。宜しくお願いします。


(16/7/19update)

淡路手延べそうめんの歴史は200年もの昔にさかのぼります。淡路島の島民が伊勢詣での帰り道、日本のそうめん発祥の地といわれた三輪の里を通った際、農家のそうめん作りを見かけ、2年間三輪で製法を学び、淡路島に持ち帰ったのが始まりだと言われています。

じばさんeleがプロデュースした「淡路手延べ乾かし麺“そろそろ”」は南あわじ市で現在六代目の「金山製麺」さんの協力のもと誕生しました。

この度「淡路手延べ乾かし麺“そろそろ”」の公式ホームページができました。是非ご覧下さい。

【手延べ乾かし麺“そろそろ”】公式ページ
sorosor.jp ▲


(15/11/02update)

淡路島五色町の素敵なロケーションにて、gallery+cafeを併設する窯元“樂久登窯” 本日ウェブサイトを新しくオープンされました。当店では、先日オープン致しました“じばさんらんちき”店頭にて、実際の掲載作品の数々をご覧いただけます。

Rakutogama.com ▲


“樂久登窯 (らくとがま)”
二十歳で丹波焼俊彦窯に弟子入り、清水俊彦氏の元で6年間民藝の焼物を学んだ後、淡路島にて独立された西村昌晃氏による窯元。島内で採れた鉱物や土を中心とし、ただ器を作るだけでなく、器やモノ作りの向こう側へ意識を向け、淡路島の素材を生かした作陶方法を探究。独特のシンプルで柔らかな形や色合いが特徴です。

〒650-0024 神戸市中央区海岸通5-1-20 [→ Map]
TEL:078-371-3939 /
定休日・営業時間 は コチラ▲ をご参照下さい


(15/4/7update)

「あぐいのはこや」ギフトBOX

兵庫県淡路市にて昭和30年に創業、“手仕事貼箱「あぐいのはこや」”にて、ギフトBOXをご制作頂きました。 開ける前からドキドキワクワクさせてくれるギフトBOX、大切な方への贈り物にいかがでしょうか。

こちらにて詳細をご紹介しています [ → stuff blog(4/6) ]

■じばさんらんちき 神戸市中央区海岸通5-1-20 [→ Map]
TEL:078-371-3939 / 定休日・営業時間 は コチラ▲ をご参照下さい

■じばさんele 神戸国際会館SOL店 神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館SOL B2F [→ Map]
TEL:078-855-2399 / 営業時間 10:00-20:00 / www.kobe-sol.jp

■じばさんele online shop『兵庫のじばさんと世界のてしごとエレ』
http://ele-kobe.shop-pro.jp/(▲)



> VOL.17  切望“出石焼”(3/20up ▲)


> じばさんらんちき社員で食堂 - そろそろ (5/21up ▲) new!


- 播州織のギフトラッピング「包む」 -




- 結婚式の引き出物、承ります -


|  HOME  |  ONLINE SHOP  |  INFO & ACCESS  |  DIRECTOR BLOG  |  STUFF BLOG  |  MOVIE  |
じばさんらんちき / じばさんele,  (C) Copyright 2012 ele. All Rights Reserved.